野菜・米粉などナチュラルな素材を中心とした焼き菓子・シフォンケーキ・パウンドケーキなどお子さんとお母さんのためのお菓子づくり工房

concept

conceptgâteau sec cou cou(ガトーセック クゥクゥ)はフランス語で、

【gâteau sec】→焼き菓子
【cou cou】→いないいないばあ
を意味します。
栄養士として栄養学を学んだ後、パティシエールとして様々なお菓子に出会い。その後結婚&出産。
野菜嫌いの娘との日々の食卓の中で、同じように子供の野菜嫌い、あげるもので悩むママがいるのでは?と思い普段使い出来る、【こどもに食べさせたいおやつ】をコンセプトにgâteau sec cou couを立ち上げました。

cou cou(いないいないばあ)の店名のように、cou couの焼き菓子で笑顔になって頂けると幸いです。

現在は各イベントへの出店と、店舗ではお買い上げ希望のお客様と実際お会いして希望を聞きながらのオーダーメイドのケーキと焼き菓子の製造と販売を行っております。

結婚祝いや出産祝いの内祝い、お誕生日のギフト、お中元、お歳暮、御見舞など大切な人への贈り物用としてもご活用いただいております。

全てのパパとママ達とこども達へ…。


coucouの伝えたいコト

 

「選べる」という喜びを伝えたい

世の中のパパママには『子供のため、自分達の為何が良いのか』というたくさんの選択する場面がありますよね。

この『選択肢』がある事。凄く大事だなぁ…と思います。

すでに出来上がった商品を買う場合、

 

このケーキは好きなのに上に乗ってるフルーツ子供が苦手なんだよねー』

『このケーキ子供が食べれないものが使われて買ってあげられない…』

『野菜の苦手な子のために野菜がこっそり入ってるスイーツって出来ないのかなぁ』

『なるべく白糖は避けたい!でも大体のケーキ屋さんってグラニュー糖だもんなぁ…』

『小麦は体質に合わない…体の事を考えて米粉に変えて作って欲しいな』

こんな感じでケーキは、すでに作られたものだと1種類につき1つのものしか選べないけれど、ケーキの好みも求める物も十人十色なんだよなぁ…。と考えたんです。

私自身は小さい頃から母が「白糖は体を冷やすから」と、きび糖を使ったものを選んでくれて食べてきました。けれど通常ケーキはグラニュー糖を使います。

とは言うものの、もちろん白糖を使った物も食べますし、反動からか市販のお菓子も大好きで娘(乳成分のアレルギー持ち)に内緒でチョコレートのストックは切らしたことのないダメ母なのですが(笑)この時代一切添加物を摂らずに生きてくのは難しいと思っているので、結構勘違いされやすいけれど、私自身は添加物も人工的なものも全面反対!!と言うわけでは無いのです。

ただ、使わなくても出来るものは使わない方が良いに決まっているし…なんなら選べても良いのでは…?と、そこに選択もできる。

私自身、母として妻として、自分を含め子どもや家族が喜んでくれるとともに体の事も考えたい1人の女性という立場から、

 

実際に頼んでくれるお客様が

【選んで、考えて、意見が言える】

こんなケーキ屋さんがあっても良いな。という想いがあります。

すでにできているケーキやお菓子を販売するのではなく、

いわゆるセミオーダーのような感覚で、

お客様の気持ちや想い、体や好みのことを一緒にご相談しながら、一番喜んでもらえる商品をご提供するお菓子屋さんでありたいと思っています。

 

「旬なフルーツを使ってほしいから、秋はりんごののってるショートケーキが食べたい!」

「子どもの体質を考えて、グラニュー糖じゃなくてきび糖やてんさい糖を使っている焼き菓子がほしい」

「子どもがクラブでがんばったから、好きなデコレーションをたくさんつめこんだケーキでお祝いしたい!」

「子どもに野菜をたべてもらいたいから、野菜を使ったケーキがほしい!」

「よくある丸い形じゃなくて、お菓子のおうちみたなかわいいデザインのお菓子をお友達にあげたい!」

こういった、ママの子供や家族に対する想いを込めた、お菓子を作っていければ私としても、何よりうれしいです!

 

長々となりましたが、そこにはお子様の事を思う気持ちがある事には変わりないんですよね全部ひっくるめて(o^^o)

全てのママ達とそのままを支える周りの方々のためになれれば幸いです。

少しでもご興味をお持ち頂きましたら、まずはお問い合わせフォームかFacebookからお問い合わせください。お客様の気持ちになってご提案させていただきます♪

 

※食物アレルギーに敏感な方、又は、アナフィラキシー症状のある方は専門医の指示に従ってお召し上がり下さい。

 

gateau sec coucou SAKI

PAGETOP